頸部脊柱管狭窄症の治療法【しっかり治すための手引書】

女性

免疫細胞を使ったがん治療

男性

患者自身の免疫機構を利用

免疫療法といえば、放射線治療・抗がん剤投与・外科治療に続く第4のがん治療法として注目を集めている医療技術です。単体で治療効果が望めるばかりでなく、先の3つの治療法とも併用が可能なため採用しやすいという特徴があります。免疫療法とは人体にもともと備わっている免疫力を強化し、有害物質を排除する能力を向上させることを目的とした治療法です。有害物質の中にはもちろんがん細胞が含まれています。身体の中にはさまざまな種類の免疫細胞があり、それぞれの特性に応じた活動をしています。そのため免疫療法においても個々の症状によって免疫細胞を使い分けるような治療が行われます。樹状細胞療法と呼ばれる治療法もそうしたものの1つです。

樹状細胞とは何か

樹状細胞療法に使われる樹状細胞とは、表面に樹状突起を持つことから名付けられた免疫細胞の1つです。血液に混じって体内を巡回し、全身に広く分布しています。樹状細胞には有害物質を認識し、それを他の免疫細胞に伝達する働きがあります。いわば免疫機構における司令官的な役割を担っており、この能力が向上すれば免疫機構全体における異物排除の効率が上がることになります。樹状細胞療法では患者の体内からこの樹状細胞を採取し、がん細胞を攻撃目標として覚え込ませてから再び体内に戻します。認識させるためのがん細胞のサンプルもまた患者自身のものを使用します。樹状細胞療法はもともと患者の体内にあった細胞を利用するので、身体への負担が非常に軽くて済むという利点があります。そのため体力的な問題等で従来のがん治療が困難な患者を中心に人気を呼んでいます。