頸部脊柱管狭窄症の治療法【しっかり治すための手引書】

女性

新しいがん治療法

微笑

身体に負担をかけない

近年、がん治療の新しい手法として注目されているものに免疫療法があります。免疫療法とは、体内にもともと備わっている免疫機構を利用して、がん細胞の増殖を抑えるというものです。身体への負担が少なく、他のがん治療を阻害しないことから、併用による相乗効果が期待されています。免疫機構をつかさどる免疫細胞にはいくつかの種類があり、そのうちのどれを治療に利用するかによって効果が異なるので注意が必要です。現在、がん細胞に対して極めて強い攻撃能力を持つと認められているのが、NK細胞と呼ばれる免疫細胞です。この細胞を用いた免疫療法のことを、NK細胞療法といいます。NK細胞療法では、患者自身の細胞をがん治療に利用します。

自然治癒力を活用する

NK細胞は正式名称をナチュラルキラー細胞といい、リンパ球の一種です。血液の中に存在し、ウイルスに感染した細胞やがん化した細胞を見つけるとこれを攻撃し、無力化します。自然免疫系に属し、健康な細胞と異常な細胞を見分ける能力を生まれながらにして持っていることから、ナチュラルキラーという名が冠されています。NNK細胞療法では、患者の身体から採取したNK細胞を科学的な方法で培養した後、点滴で再び患者の体内に戻します。培養されたNK細胞は通常の健康な人が持つ細胞の数に比べて数倍に増殖しており、攻撃能力が強化されています。NK細胞療法は開発されてから比較的日の浅い治療法であるため、先行するがん治療法に比べると知名度はそれほど高くありません。しかしこれから治療実績が積み重ねられることによって、徐々に一般化していくものと考えられます。