頸部脊柱管狭窄症の治療法【しっかり治すための手引書】

女性

乳がんという病気

病棟

女性にとっての乳がん

女性の4人に1人はかかってしまうといわれる乳がんですが、最近では乳がん検診の方法もだいぶ向上してきています。昔から良く行われている触診はもちろんのこと、最新の機器を使用したマンモグラフィーなども頻繁に行われています。最近では、長い人生の中の一時期に女性が乳がんにかかってしまうことが増えてきているため、これらの最新の手法の乳がん検診は女性にとって必須のものと言えます。面倒がらずに適度な期間をおいてまめに検診を受けることが、乳がん対策の大きな要といえます。なお、最近では、複数の検査方法を一度にすることが普通になってきているためがんの発見率もあがってきており、今後も発見率が向上してゆくことが期待できます。

認識が変わってきている

乳がんという病気に対する社会の姿勢も変わってきています。これはがんについて一般的に言えることですが、不治の病から治る病気という認識に変わってきています。これは主に、医学が近年めざましく発達してきているためです。乳がん検診をするための機器についても大きく発達してあり、治療の進歩についても同じように著しいものがあります。日々医学は進歩しており、がんの発見に効果的な検診方法や新しい治療法が次々と生み出されてきています。また、乳がん検診の際に用いる機器については、精度が年々向上しています。早期に発見できれば治る可能性も高いので、乳がん検診を定期的に受診してがんを発見することがとても大切になってきています。