頸部脊柱管狭窄症の治療法【しっかり治すための手引書】

看護師

上半身に症状が出る狭窄症

看護師

自己判断に注意しましょう

脊柱管狭窄症には、腰部と頸部脊柱管狭窄症の2種類がありますが、このうち頸部脊柱管狭窄症の症状には注意が必要です。一般的に脊柱管狭窄症といえば、足腰に影響が出るイメージがありますが、頸部脊柱管狭窄症には指から腕にかけて、つまり上半身に症状がでるという特徴があります。具体的な腰部脊柱管狭窄症の症状としては、指や腕が痛んだりしびれたりするものや、以上に腕が重くて動かせないなどが挙げられます。注意しないといけないのは、この症状は脳卒中の初期症状にも似ているということです。そのため、自己判断で症状を放置しておくと、頸部脊柱管狭窄症が悪化したり、脳卒中の場合は早期発見ができないことに繋がります。自己判断はせず、気になる症状が出たら医療機関を受診しましょう。

狭窄症の今後の見通し

脊柱管狭窄症はどうしても足腰の病気というイメージが強いですが、頸部脊柱管狭窄症も手や腕という人間の基本動作が行われる部位に関わる病気のため、重要度が非常に高まっています。今後は狭窄症がメディアなどで紹介される際、頸部脊柱管狭窄症についても解説がされ、認知度が高まっていくことが考えられます。だからこそ、そこで手に入れた情報だけで自己判断せず、あくまでも医療機関を受診するきっかけとしてその情報を利用することが、高齢化で狭窄症の患者が増えつつある日本に求められていくでしょう。また、医学界での狭窄症の治療は日々進歩しており、激痛が止まらない場合などの深刻な場合を除いて、基本的には薬などを利用した保存療法が主流になりつつあります。今後も負担の少ないこの治療法はメインとなるでしょう。

乳がんという病気

病棟

女性に増えてきている乳がんですが、最近では医療技術の進化に伴い様々な治療方法や検査方法が登場しています。なので、積極的に乳がん検診を受けて、早期発見、早期治療に努めましょう。そうすることで完治を目指すことも可能です

詳細を確認する

免疫細胞を使ったがん治療

男性

樹状細胞療法はがん治療法として知られる免疫療法の1つです。がん細胞を認識し、他の免疫細胞に伝達する働きのある樹状細胞を利用して、人体がもともと持っている異物排除の能力を高めることでがん細胞の無力化を目指します。

詳細を確認する

新しいがん治療法

微笑

NK細胞療法とは、がん細胞を攻撃する免疫細胞として人体にあらかじめ備わっているNK細胞を利用したがん治療法です。患者の体内にあるNK細胞を活性化することで攻撃能力を高め、がんの増殖を抑えることを目指します。

詳細を確認する